徒然日記

IT・ガジェット、車、グルメ、生活の諸々を綴っていきます

崎陽軒 ハロウィン限定 黒シウマイまん&かぼちゃまん

 崎陽軒がハロウィンに併せて18年10月1日~10月31日まで「ハロウィン限定 黒シウマイまん&かぼちゃまん」を発売しています。

   f:id:ns_0226:20181017181359j:plain 

   f:id:ns_0226:20181017181437j:plain

 ハロウィンの企画、そういうことです。

 

北海道ツアー(4日目)

 10月2日(火)は札幌市内から真駒内経由千歳から帰宅です。

 朝は、大通公園から時計台あたりを散歩です。

   f:id:ns_0226:20181017165053j:plain

  時計台は、10月31日(水)までの予定で改修中でした。

  お昼は、食べログで札幌NO1の人気店「菜未」へ、

  https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010303/1000018/

   f:id:ns_0226:20181017165417j:plain

  10時半ごろに伺うと1回目に入店できました。

  (上の写真は、食事後の12時前の写真です。)

 「辛味噌ラーメン」+チャーシュートッピングと、

   f:id:ns_0226:20181017165652j:plain

 「味噌ラーメン」 

   f:id:ns_0226:20181017165740j:plain

 美味しくて二人して禁断のスープまですっかり頂いてしまいました。主治医には内緒です。

 六花亭福住店でお土産を購入し、 

   f:id:ns_0226:20181017170825j:plain

 今回の密かな楽しみ。北海道最大の真駒内滝野霊園へ、 

   f:id:ns_0226:20181017170958j:plain

 モアイ像とスフィンクス

   f:id:ns_0226:20181017171101j:plain

 ストーン・ヘンジ 

   f:id:ns_0226:20181017171236j:plain

 無宗教の霊園という意思を表しているそうです。

 真駒内滝野霊園は81年に開園されたそうですが、30週年を記念して安藤忠生さんが設計した「頭大仏」が2016年7月17日に一般公開されています。

 参道から

   f:id:ns_0226:20181017172558j:plain

 参道を進むと頭大仏が見てきます。

   f:id:ns_0226:20181017172654j:plain

 水庭を通り、

   f:id:ns_0226:20181017173244j:plain

 トンネルを抜けると、

   f:id:ns_0226:20181017173033j:plain

 やっと大仏様と合うことができます。 

   f:id:ns_0226:20181017173459j:plain

 背後には文革で破壊された中国の仏像もあります。

   f:id:ns_0226:20181017173627j:plain

 いろいろと考えさせられる演出です。

 展示されている写真を拝見すると、大仏を先に作って、その後にドームを作り丘を作っているのですね。最後は建築というよりも土木ですね。

 

   f:id:ns_0226:20181017174241j:plain

   f:id:ns_0226:20181017174332j:plain

   f:id:ns_0226:20181017174422j:plain

 違うアングルからの頭大仏。ラベンダーの時期にまたきたくなりますね。

   f:id:ns_0226:20181017173927j:plain

 その後は、苫東にあるJファーム、 

   f:id:ns_0226:20181017174549j:plain

 ウトナイ湖

   f:id:ns_0226:20181017174635j:plain

 湖面にいるのはマガンですかね。 

   f:id:ns_0226:20181017174808j:plain

 千歳水族館

   f:id:ns_0226:20181017174902j:plain

 インディアン水車、 

   f:id:ns_0226:20181017175106j:plain

 結構な数の鮭が千歳川を遡上しているんですね。

   f:id:ns_0226:20181017175353j:plain

 南千歳駅の側の格納庫の横に政府専用機が見ることができると聞いて行ってみると、フェンス越しに来年3月で退役する現在の機体を見ることができました。 

   f:id:ns_0226:20181017175535j:plain

 レンタカーを返して、空港に向かいます。 

   f:id:ns_0226:20181017175912j:plain

 フライト前に夕食を済ませ、

   f:id:ns_0226:20181017180154j:plain

ANA078便で帰ってまいりました。

   f:id:ns_0226:20181017180430j:plain

 

 

 

 

 

 

 

北海道ツアー(3日目)

10月1日(月)は美瑛を出発し、美唄経由札幌です。

美唄安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄へ、

   f:id:ns_0226:20181017161021j:plain

 ビブレも廃校跡ですが、ここも1981年に閉校した旧栄小学校の跡なんですね。幼稚園は今もやっていて、園児たちが遊ぶ姿を見て美唄出身の安田さんは、「この子どもたちが、心をひろげられる広場をつくろう」という気持ちでこの彫刻美術館を始められたそうです。

   f:id:ns_0226:20181017161205j:plain

 自然の中のに突然作品が、

   f:id:ns_0226:20181017161349j:plain

   f:id:ns_0226:20181017161435j:plain

   f:id:ns_0226:20181017161548j:plain

 安田さんは、作品について解説はされないそうですが、見ている人に語りかけてくる気がします。

 一路札幌の今日の宿へ、  

          f:id:ns_0226:20181017162927j:plain

           (ネットから借用)

 食事は、サッポロファクトリー

   f:id:ns_0226:20181017163041j:plain

 ビアケラー札幌開拓使

   f:id:ns_0226:20181017163149j:plain

 まずはビールの飲み比べ、 

   f:id:ns_0226:20181017163321j:plain

金華サバのスモーク

   f:id:ns_0226:20181017163415j:plain

 生ラム鉄板ジンギスカン

   f:id:ns_0226:20181017163652j:plain

ポークスペアリブ

   f:id:ns_0226:20181017163806j:plain

 グリル野菜のバーニャカウダ

   f:id:ns_0226:20181017164257j:plain

 美味しくいただきましたが、銀座ライオンの味でした。



 

 

 

北海道ツアー(2日目)

9月30日(日)は稚内駅の外にある線路から始まります。右手奥に少し見えている「北防波堤ドーム」はかつての稚泊連絡船のためのホームがあった場所なんだそうです。

   f:id:ns_0226:20181017124516j:plain

「北防波堤ドーム」。ここまで線路が続いていたんですね。

   f:id:ns_0226:20181017130046j:plain

少し先に行くと稚泊航路の記念碑もあります。

   f:id:ns_0226:20181017130706j:plain

 昨日の夜はよくわかりませんでしたが、夜は若者のたまり場です。

   f:id:ns_0226:20181017134701j:plain

 稚泊連絡船が停泊していたであろう岸壁には、今は海上保安庁の巡視艇「りしり」が停泊していました。

   f:id:ns_0226:20181017133827j:plain

 チェックアウト後は、稚内公園の「氷雪の門」と、

   f:id:ns_0226:20181017134004j:plain

「開基百年記念塔」へ、

       f:id:ns_0226:20181017134833j:plain

 稚内を後に今回の目的の一つ、オロロンラインの県道106号を天塩まで走ります。

   f:id:ns_0226:20181017135057j:plain

 途中になんかの建造物が見え始めます。

   f:id:ns_0226:20181017135504j:plain

 北緯45度のモニュメントを過ぎて、

   f:id:ns_0226:20181017135630j:plain

   f:id:ns_0226:20181017141456j:plain

 風力発電所がはっきりしてきました。

   f:id:ns_0226:20181017141608j:plain

 オトンルイ風力発電所なんですね。

   f:id:ns_0226:20181017141714j:plain

道の駅「てしお」で休憩。

   f:id:ns_0226:20181017142022j:plain

しじみラーメン」と、

   f:id:ns_0226:20181017141842j:plain

「ホッキ貝カレー」を、頂きました。

   f:id:ns_0226:20181017141939j:plain

 途中でキタキツネとすれ違い、

   f:id:ns_0226:20181017142151j:plain

 今日の宿の美瑛のビブレへ、

   f:id:ns_0226:20181017142518j:plain

 こちらのレストランで夕食をいただきます。 

   f:id:ns_0226:20181017144454j:plain

 夕食の前に薪窯の前で焼きたてのプレッツェルを頂いて、

   f:id:ns_0226:20181017142708j:plain

 プレッツェルって焼く前に、苛性ソーダにつけるんですね。それが独特の焼き色と食感になるんですね。

   前菜の前にアミューズ2品

   f:id:ns_0226:20181017142952j:plain f:id:ns_0226:20181017143036j:plain

   焼き立てのパンが出て、

   f:id:ns_0226:20181017143139j:plain

   前菜、

   f:id:ns_0226:20181017143229j:plain

   炙りサンマのマリネ         ズッキーニのフリット

   f:id:ns_0226:20181017143415j:plain f:id:ns_0226:20181017143505j:plain

   じゃがいものスープ         ブロッコリー

   f:id:ns_0226:20181017143703j:plain f:id:ns_0226:20181017143828j:plain

   スズキのグリル           地元野菜のサラダ

   f:id:ns_0226:20181017144046j:plain f:id:ns_0226:20181017143937j:plain

   メインはエゾジカのグリル

   f:id:ns_0226:20181017144938j:plain

   ミルフィーユ            デザート二品目   

   f:id:ns_0226:20181017144240j:plain f:id:ns_0226:20181017144328j:plain

 翌朝もこれでもかと食事が出てきます。

   搾りたてのオレンジジュース      焼き立てのパン

   f:id:ns_0226:20181017145135j:plain f:id:ns_0226:20181017145351j:plain

   地元のミルク            カルボナーラ風温泉卵

   f:id:ns_0226:20181017145244j:plain f:id:ns_0226:20181017145507j:plain

   ビーツのサラダ           アイスバイン

   f:id:ns_0226:20181017145637j:plain f:id:ns_0226:20181017145743j:plain

   コーヒー              葡萄 

   f:id:ns_0226:20181017145908j:plain f:id:ns_0226:20181017150638j:plain

 美味しいものでお腹はいっぱいです。

   f:id:ns_0226:20181017145033j:plain

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

北海道ツアー(1日目)

 9月29日(土)~10月2日(火)まで3泊4日で稚内→美瑛→札幌→千歳を巡ってきました。

羽田空港から07:00発のANA 051便で千歳へ、

   f:id:ns_0226:20181017121025j:plain

千歳からは10:20発のANA4841で稚内へ。初めてのボンバルディアDHC8-Q400です。国内でプロペラ機に乗るのは30何年か前に高松空港から羽田空港YS-11に乗って以来です。

   f:id:ns_0226:20181017121453j:plain

乗り換えに千歳空港のゼロ番ゲート付近で待っていると、

   f:id:ns_0226:20181017121610j:plain

 グランドクルーがダンボール箱を持って近寄ってきます。

   f:id:ns_0226:20181017121725j:plain

 小型機の機内持ち込みの手荷物は更に小さいんですね。手荷物を預けました。

ギヤの格納を楽しみながら、

   f:id:ns_0226:20181017121905j:plain

 利尻富士を眺め、

   f:id:ns_0226:20181017121959j:plain

 あっという間に、稚内空港に到着です。   

   f:id:ns_0226:20181017154700j:plain

 歩いてターミナルビルへ移動です。中国以来ですね。

 お昼は、ノシャップ岬の「漁師の店」へ、

   f:id:ns_0226:20181017122422j:plain

 ウニ漁が終わってしまったということで、「いくらとホタテ丼」と、

   f:id:ns_0226:20181017123112j:plain

 「いくらと甘エビ丼」を頂きました。

   f:id:ns_0226:20181017123332j:plain

 妻はいくらの量が少ないと不満のようでした。比べてみると確かに、判る気がします。

 食後は、ノシャップ岬から利尻島を眺め、   

   f:id:ns_0226:20181017123742j:plain

 宗谷岬へ、

   f:id:ns_0226:20181017124007j:plain

 天気に恵まれ、樺太も臨めます。

   f:id:ns_0226:20181017124110j:plain

 牡蠣殻をひき詰めた「白い道」を通り、 

   f:id:ns_0226:20181017124320j:plain

 エゾジカの挨拶を受けて、

   f:id:ns_0226:20181017155259j:plain

今日のホテルへ、

       f:id:ns_0226:20181017124419j:plain

 稚内駅には、最北端の線路の標識があります。ここから鹿児島の指宿まで線路はつながっているんですね。

   f:id:ns_0226:20181017125203j:plain

 夜は、海鮮炉端焼き「うろこ亭」へ、

   f:id:ns_0226:20181017130940j:plain

食べたことがないほど美味しいホッケ(注文したのは半身でなく開きです)、

   f:id:ns_0226:20181017131228j:plain

ササヤカな焼きアワビ、

   f:id:ns_0226:20181017131330j:plain

タコしゃぶと、

   f:id:ns_0226:20181017131434j:plain

〆に「宗谷黒牛の照り焼きステーキてっぺん丼」を頂きました。

   f:id:ns_0226:20181017131601j:plain

 店の前には両手を挙げた招き猫の「お福」が迎えてくれています。

   f:id:ns_0226:20181017132706j:plain

 観光客相手のお店ですが、美味しいお店でした。

 帰り道に一両編成の宗谷本線の気動車が通っていきました。

   f:id:ns_0226:20181017132829j:plain

 おやすみなさい。

 

 

 

 

 

ほうとうとぶどうパフェ

久しぶりに小作のほうとうが食べたくなり、県立美術館側の小作へ。

   f:id:ns_0226:20181017091756j:plain

 基本のかぼちゃほうとうを頂きました。40年食べても飽きない味です。

   f:id:ns_0226:20181017091928j:plain

 帰りにフルーツパーク富士屋ホテルへ口直しの葡萄パフェを、

        f:id:ns_0226:20181017092129j:plain

 千疋屋と違ったやはり美味しいパフェですね。